貝殻利用研究会HP更新!!

久しぶりの更新になります。


トピック① 新規企業会員の入会

貝殻利用研究会の会員として、新たに東京都に本社をもつ㈱長大入会しました。

2021年6月には、今後の貝殻利用による環境改善を見据え、大阪府の二色の浜公園自然ゾーンの調査を行いました。


トピック② 2020年度取り組みのご紹介

・東京湾大感謝祭2020 オンライン展示に出展

 コロナ禍のためオンラインで開催された東京湾大感謝祭で、オンライン展示に出展しました。出展ブースでは、動画を含めて貝殻利用研究会の概要やSDGsに向けた取り組み内容を紹介しています。


・漁港のビオトープ化の提案

 岡山県笠岡市の離島の一つである「白石島」の漁港を活用した、漁港のビオトープ化の提案を行いました。貝殻技術を活用し、漁港内の生態系を豊かにすることで、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」などに合致した提案となっています。

 2021年度は、この提案の実現に向けて取り組みを具体化していきます。



・海洋WEEKセミナー講演、シーフードショー大阪出展

 海洋汚染の改善・水産資源の保全をテーマとした「ATC海洋WEEK~これからの命のためにできること~」SDGs関連セミナーでの講演、および西日本最大の水産関連品の見本市「シーフードショー大阪」への出展で、貝殻利用技術について紹介する機会をいただきました。


・ヒジキ-ナマコ複合養殖の開発

 倉敷市の補助金を活用し、同一海域でヒジキ、ナマコを増やすための技術開発を行いました。



トピック③ NPO里海づくり研究会議に入会

 この度、貝殻利用研究会は、NPO法人里海づくり研究会議の賛助会員(団体会員)に入会しました。

 里海づくり研究会議は、『漁業現場や関連業界、行政上の現実的な課題・問題の解決のため、個々のテーマに応じて様々な分野の研究者・技術者を参集し、海に関わる現場と学会を結びつけ、学際的かつ業際的、実務的・実践的な調査研究により、沿岸環境と人間社会が共存する「里海づくり」を目指すこと』を目的とした団体で、海洋酸性化適応プロジェクトや市民向けの環境学習など、様々な活動に取り組んでいます。








新たに企業会員 天野産業㈱が入会!

貝殻利用研究会の会員として、岡山県に本社をもつ天野産業㈱が入会しました。

20208月には、天野産業㈱や漁業者らと共に岡山県笠岡市白石島に小型貝殻魚礁を設置しました。

この取り組みは、豊かな海づくりのために地元漁業者と本研究会が協力し、水産資源の増養殖事業を立ち上げ、漁業の活性化を図ることを目的としています。

小型貝殻魚礁

漁業者による設置の様子

貝殻魚礁の効果を把握するため、今後、追跡調査を実施する予定です。

簡易報告書は、こちらからご覧になれます。

新たにJF大阪漁連が入会!大阪府での取り組み

貝殻利用研究会の会員として、新たに大阪府漁業協同組合連合会(JF大阪漁連)が入会しました。

201911月には、JF大阪漁連と共に泉大津の岸壁に小型貝殻魚礁を設置しました。この取り組みは、大阪府「豊かな大阪湾」環境改善モデル事業の一環で行われ、魚介類が棲むために必要な餌場や隠れ場として貝殻魚礁を設置し、生き物がすみやすい環境を創っています。

貝殻魚礁の設置

20206月(設置後7カ月)の調査では、貝殻魚礁の周りにウミタナゴやメバル幼魚が集まり、魚介類の棲み家としての効果が確認されました。

ウミタナゴ

メバルの幼魚

今後も多くの生き物の棲み家として、貝殻魚礁が利用されることを期待します!

簡易報告書は、こちらからご覧になれます。


第17回魚庭(なにわ)の海づくり大会 ワークショップ展示

2019年11月3日(日)岸和田市立浪切ホールにて、魚庭の海づくり大会が開催されました。
本研究会は、ブースを出展し、貝殻お絵かき体験や大阪府に設置されている小型貝殻ブロックの展示などを行いました。

出展ブースの様子
貝殻お絵かき体験の様子
展示物
魚魚あわせ(㈱KANSOテクノス)
サンテナー・嵩上げ蓋(三甲㈱)


天候にも恵まれ、5時間で300名以上のご来場者に貝殻お絵かきを楽しんでいただき、ブースに立ち寄られた様々な機関の方に貝殻技術をPRすることができました。

今後もこのようなイベントにおいて貝殻技術をPRしていきたいと考えております。

東京湾大感謝祭2019に出展しました

2019年10月26(土)、27日(日)に横浜赤レンガ倉庫で行われた東京湾大感謝祭2019にブースを出展しました。

貝殻お絵かき体験の様子
貝殻お絵かき体験の様子2

ブースの様子(隣は協力出展している㈱大本組)
展示物
魚魚あわせ(㈱KANSOテクノス)
サンテナー・嵩上げ蓋(三甲㈱)


天気にも恵まれ、大勢の来場者に貝殻お絵かきを楽しんでいただきました。
また、ブースに立ち寄られた様々な機関の方に貝殻技術をPRすることができた2日間でした。

第12回 貝殻利用と豊かな海づくり研修会 開催

2019年6月6日(木)にJF全漁連会議室(東京都千代田区)において、第12回貝殻利用と豊かな海づくり研修会を開催しました。

漁業者、水産行政担当者等、約50名が参加され豊かな海づくりに関する以下の講演、意見交換を行いました。

【講演内容】

1)『漁場整備事業の効果について』
   (一社)水産土木建設技術センター 長崎支所
   漁場開発部 漁場開発総括部
   課長 石丸 聡 氏

2)『マダコのおはなし』
   愛媛県農林水産研究所 水産研究センター
   栽培資源研究所 増殖技術室
   室長 坂口 秀雄 氏

3)『岡山県下津井地区におけるマダコを増やす取組
  について』
   第一田之浦吹上漁業協同組合
   代表理事組合長 岡 耕作 氏


要旨をまとめていますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

第12回 貝殻利用と豊かな海づくり研修会 開催のご案内

2019年6月6日(木)14:00~16:30
「第12回貝殻利用と豊かな海づくり研修会」を開催します。


【開催場所】
 〒101-8503
 東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル5F第1会議室

【研修内容】
(1)開会挨拶
(2)「長崎県における漁場整備事業の効果について(仮題)」
   (一社)水産土木建設技術センター長崎支所   
    漁場開発部 漁場開発総括課 課長 石丸 聡 氏
       
(3)「マダコ増殖について(仮題)」   
   愛媛県農林水産研究所 水産研究センター
   栽培資源研究所 増殖技術室 室長 坂口 秀雄 氏

(4)「岡山県下津井地区における
   マダコを増やす取組について(仮題)」
   第一田之浦吹上漁業協同組合
   代表理事組合長 岡 耕作 氏

(5)意見交換


開催要領はこちらから